​開催場所

​東京工芸大学 中野キャンパス

〒164-8678

東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線

「中野坂上」駅徒歩7分

​開催期間

2020年2月21日[金]〜 2月23日[日]

2020年2月21日[金] 13:00~19:00

2020年2月22日[土] 10:00~19:00

2020年2月23日[日] 10:00~16:00

「新型コロナウィルス感染症への対応について」

詳細はこちらをご覧ください

入場料無料

芸術学部卒業・大学院修了制作展について

未来のメディアアーティストたちによる学びの集大成

卒業・修了制作展の魅力は、学生が各々の個性的な発想を元に、最初から最後まで精魂込めて作り上げた作品群が展示されるところです。未来のメディアアーティストたちが全力で取り組んだ作品の数々を是非ご覧になってください。

メディア芸術の発信拠点から先端表現を体験

中野キャンパスは「メディア芸術の拠点」を形成すべく2009年からキャンパス全体を完全リニューアルし、2014年3月に完了しました。また2019年4月からは芸術学部の中野キャンパス一元化により中野キャンパスはますます活気溢れるメディア芸術の創造空間になります。あらゆるスタイルで「メディア芸術」を発信し続ける中野キャンパス。卒業・修了制作展では、学生の生々とした先端表現が体験できます。

​特別公演

テーマ

​工芸大までと、工芸大でのこと   

〜プロフェッショナルを求めて〜

2020年2月22日[土] 

12:00~13:00

中野キャンパス1号館 1B01大講義室

遠藤  拓人

/ デザイン学科 准教授

​イラストレーター

1979年東京都生まれ。東京工芸大学大学院修了、セツ・モードセミナー修了。以後フリーランスのイラストレーターとして、主に書籍装画や文芸誌挿絵・新聞連載小説挿絵等、文芸を中心に活動。その他、広告、TV、CDジャケット、カード絵、壁画など。個展、グループ展多数。

第4回ギャラリーハウスMAYA『装画を描くコンペティション』MAYA賞

第25回グラフィックアート『ひとつぼ展』入選

第4回CWC『CHANCE展』ファイナリスト受賞 他少々

2016年〜 東京工芸大学芸術学部デザイン学科准教授

テーマ

​『カメラを止めるな!』

誕生から成功までの道のり

2020年2月23日[日] 

12:00~13:00

中野キャンパス1号館 1B01大講義室

上田  慎一郎

/ 『カメラを止めるな!』映画監督

1984年、滋賀県出身。中学生の頃から自主映画を撮りはじめ、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2009年、映画製作団体PANPOKOPINA(パンポコピーナ)を結成。『お米とおっぱい。』『恋する小説家』『テイク8』等8本の映画を監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得する。2017年、初の劇場用長編『カメラを止めるな!』が2館から350館へ拡大する異例の大ヒットを記録。三人共同監督作の『イソップの思うツボ』が2019年8月16日に公開、そして劇場用長編第二弾となる『スペシャルアクターズ』が2019年10月18日に公開。

重要なお知らせ

特別講演-入場整理券配布のご案内

特別講演については、整理券を以下のとおり配布いたします。

1)各日朝930分から中野キャンパス1号館エントランスで配布します。

2)整理券配布は、お一人様1枚とさせていただきます。

3)整理券配布は、予定枚数に達し次第終了となります。

4)近隣住民の方々のご迷惑となりますので、深夜、早朝からのお並び、場所取り等はご遠慮ください。

  迷惑行為と判断された場合は、退去いただきます。

5)整理券紛失の場合、再発行等は行いません。

6)整理券配布の時間・場所は諸事情により変更になる場合があります。

7)座席の指定はできませんので、ご了承ください。

​以上

​アクセス

​東京工芸大学 中野キャンパス

東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線

「中野坂上」駅徒歩7分

※ 中野キャンパスには駐車場・駐輪場はございません。

  公共交通機関でご来場ください。

東京工芸大学 中野キャンパス 事務部 学生課

​お問い合わせ